お知らせや情報・社長の記事など

2020年 2月 7日(金)

薪の切り替え

今期は羽柄材の切れ端や不良在庫の整理で 頑張って針葉樹の薪を使用しておりましたが ここえきて急に寒くなって 薪の消費量が増えるのでいつもの広葉樹の屑薪に変えました。

結果!・・・ 確かに火持ちとしてはよくなりましたが 針葉樹でも上手に焚けばいうほど変わらないかなぁ~

って感じで とにかく灰がすぐたまるのと 針葉樹に比べて 温まるスピードとランニングに入るまでの時間がかなりかかりますね。

これからは お互いのいいところをうまく使い分けることが上手な薪ストーブ操作につながると思います。

はじめは灰をたっぷり貯めたところで 針葉樹から焚きはじめて 火が回ると 広葉樹の小さなものを入れて 最終大きなものをベースにコトコト焚きながら 火室の温度を保つのに 針葉樹と広葉樹を足していく・・・みたいな感じかな?

これが究極の 薪ストーブ操作なのかもしれません。