お知らせや情報・社長の記事など

2019年 12月 25日(水)

熾火が肝心

今期は暖冬のせいでしょうか?

薪の売れ行きがいまひとつ・・・ あまり作らなかったのですが 持ち越すかも?

キャンプはちょくちょく需要があるのですが せいぜい20kgくらいしか出ないので やはり薪ストーブユーザーの需要が欲しいところですね。

では 自宅用で焚けばいいのでは? と考えたりもしたのですが 大掃除を兼ねて 建築用の端材を焚く毎日であります。

最初は邪魔くさかったのですが 徐々にスペースが空き、きれいになる倉庫を見ていると 別の喜びが生まれて 今では楽しんでおります。

火室に灰をいっぱい貯めて 熾火にすると 結構火持ちもするとわかってきたりもしました。

やはり熾火作りが 薪ストーブの最大のカギですね! う~ん、やはり薪ストーブは奥が深い!