お知らせや情報・社長の記事など

2019年 6月 11日(火)

環境次第で40年?

随分と古い建物の改修工事現場ですが モルタル下地にラス地と呼ばれる既製品の前時代に使用していた 羽板と呼ばれるものが使用されてました。

私がこの仕事に就て 32年、それよりかなり前なので40年前ぐらいのものでしょうか?

水回りにもかかわらず 環境が良かったのか ぜんぜん腐りもせずに しっかりしたものでした。

なんでも環境ですね。 木材ははっきり結果が出るのでわかりやすいです。

どんなに水に強いと言われる木材だって 湿度が高ければすぐに朽ち始めます.

とにかく住宅の基本は 通気性のいいこと 雨仕舞がしっかりできていることが一番重要じゃないかな?

昔の家はそういう意味では 隙間が適度にあって腐りにくかったのかな? なんて思えますね。