お知らせや情報・社長の記事など

2018年 10月 11日(木)

裏ぞろえ

芝生の上に 樹脂製の根太を付けた すのこタイプのデッキを 製作されてます。

デッキ材は 杉の足場板を削らずに そのまま面を取って専用塗料を塗り 使用されるのですが 個人的に一番 安価で 手っ取り早くて 見栄えが良い 一番のアイデアではないでしょうかね。

ポイントは 削らないことで 防腐塗料の吸い込みもよく耐久性が上がるし 雑さに味が出ます。 外部仕様は これぐらいがいい!

あと、木裏面を化粧面にそろえるところなんか 知っているからできること!

特に外部仕様は 雨で滑りにくくするために ささくりかえる裏面がお薦め、 それに木のそりが 裏面だと山形にそるので 雨がたまらない。

そんな理由があるんですよ。 日本の文化は 土足ではないので 木表のほうが美しかったりして使用しますが 外国は室内でも土足仕様なので フロアー材なんかも 木裏文化なんです。

ただ 能舞台とかで 滑りを抑えるのに 日本でも 訳あって 木裏にするんですが その場合、無節好きな日本文化で 木裏の無節材となると 目が向くくらい単価が跳ね上がるんです。

木ってのも面白いでしょ? とにかく 今回の裏ぞろえ、渋い選択です。