お知らせや情報・社長の記事など

2016年 7月 22日(金)

嫌われ者を食す

エソって魚知ってます? アングラーにとっては 外道も外道、嫌われ者の代表格です。

気持ち悪い顔で やたら元気で 食べるには 小骨が多すぎて 誰も持って帰らないので いつも海に帰す奴なんです。

しかし 高級かまぼこの素材で 本職さんはこれをとって 加工して皆さんの食卓まで届けているんです。

今回の釣りで ちょっと食べてみようと思い、フードプロセッサーを買い込み 釣れればキープ! ほかの人が捨てるというと いただき、なんと 50cmぐらいの良型が12匹!

2時間かけて 2リットルパックに山盛りのミンチを完成させました。

船長曰く、とにかく 粘りが出るまで エソだけですり潰し、 調理の時に 色々な味付けをするのがベストだそうです。

要は、 安易に染まりやすいので たくさん作って 保存して 色々な食べ方をすれば便利ということ。

とりあえず お澄ましと さつま揚げをやってみました!

ふわふわ団子で 出汁がよく出ております。おそらく小骨ごとミンチにするからでしょう。

あとは さつま揚げ! これ最高! ニンジンとか御坊、しょうがなんか入れてみると もっと楽しめそうで これはいい発見でした。

これからは、エソも大事に持って帰ろう。食べたらわかるエソの魅力!

ブスかわ好きの私の心をわしづかみする 魅力でした。