お知らせや情報・社長の記事など

2013年 11月 30日(土)

誰?

樹木図鑑と樹皮ブックをもってしても

”誰?”っと聞きたくなるくらい分かりにくい木があります。

若木と老木では 樹皮は全然違うのもありますし、樹木は結局、葉っぱがないと判別できないことがわかってきました。

写真の薪も 樫系の樹皮ですが 少しやわらかく、乾くと樫とは全然違うことがよくわかります。

かといって ふわふわでもなく 火持ちもなかなかのものです。

アカメガシワという雑木なんかは ”どうしようもない木やで!”と造園屋さんはいいますが、薪にすると わたしは扱いやすく ずっしり重い手ごたえに 結構お気に入りの薪に属します。

これから ちゅくちょく ”誰っ”的な 雑木の薪を調べて 寸評をして みなさんに 薪はナラや樫だけではないことを理解していってもらおうと思いますのでおたのしみに!