お知らせや情報・社長の記事など

2013年 9月 28日(土)

あたり

寝る前に アイスクリームを食べていると なにげに 棒に字が・・・

”うっわ! まだ当たりとかあんねや!”

と思いつつ 懐かしい思い出がよみがえってきました。

子供の頃は コンビ二などなく、駄菓子屋さんが各地にあり、 エプロンにおつりの小銭をいっぱい入れたおばちゃんがいて今から思うと 時給にもならないだろう利益でアイスや駄菓子を売ってくれてましたね。

”アイスの当たりは 棒が少し黒い奴やぞ” とかいうガセネタなどに踊らされて みんなでアイスのケースをほじくり倒して怒られたり ひも付きのアメをひくのに でっかいアメがどの紐か 確認してからひいたりと 結構 子供同士で おばちゃん相手に 頭を使ったりして 今から考えると そういうことが 社会への勉強の一歩だったのかと思うくらい 必死で遊んでたと思います。

たかだか10円や30円の当たりのために 放課後を必死で生きて 100円くらいのなかで 人間関係を保ちながら おごったり おごられたり・・・

懐かしい当たり棒を眺めながら色々思い出しました。

自分が生まれた世代は 今よりショボくて ダサいけど まさに 楽しい”あたり”をひいた時代だったんだと うれしくなってきました。