お知らせや情報・社長の記事など

2013年 7月 26日(金)

暴走列車

スペインで電車が脱線して 80人の死者を出す恐ろしい事故がありましたね。

日本人は乗り合わせてなかったみたいですが これから お盆の帰省で 新幹線などを利用される方には不安になるニュースです。

80キロ規制のところを190キロでカーブに突っ込んでいたみたいですが 馬鹿な話です。

ほんでもって 運転士は助かっているなんてあまりに ひどい話です。

怪我人を合わせると220人ぐらいの犠牲者がおられるみたいですが 福知山線の事故といい、運転士のさじかげんで 命を預けていると思うと もっと鉄道会社も何人かの体制で運転させるということは考えないのでしょうか?

新幹線みたいにコンピューターで管理することは難しいとしても 3人ぐらいが操縦室におられると 安心できる気がいたします。

命を預かる仕事にはもっと人件費をかけてもいいのでは?

逆に削ってほしいのは 国民の関心すら与えない 選挙をする 自分のことしか考えていない国会議員の先生方の数を減らして欲しいです。

我々は今、嘘っぽい運転士が操縦する 日本という暴走列車に乗せられている気分です。