お知らせや情報・社長の記事など

2013年 6月 24日(月)

訓練の重要性

年に3回行なわれる 地域のAED講習に行ったときの一こまです。

訓練なので マニュアルが当然のように用意されていて 平らなやりやすい 条件での訓練なのですが 正直言って はじめから まともに出来るかたはおられません。

私たち消防団でも 何回も練習したおかげで やっと訓練の意味や順番が理解できたぐらいなので みなさんに 年に2回は意識的に訓練されることをお薦めいたします。

”助からない命が 助かる。” 大切な人を失わなくて済むとというのは お金儲けや どんな贅沢よりもすばらしいことではないでしょうか!

反復することで 学ぶことが多いのです。 理解するより まず実行!

”まなぶ ”とは ”まねる”から来た語源であるとなにかの書物に書かれてました。

いちばんいけないのは 倒れている方を前に何もしないことだそうです。安静においておくというのは昔の話で 今は何があっても 心臓マッサージで刺激を与えて人工呼吸をしてやるべきなんだそうです。

まずは 指導者を真似ながら 繰り返し練習してください。

どんな状況でも対応できる救助のスペシャリストになれますよ!