お知らせや情報・社長の記事など

2011年 12月 27日(火)

餅つきの用意

そろそろ 正月の餅つきの時期が来ました。

休みの度に、そこらへんの家族単位のグループで 御餅を蒸しては 搗いておられます。

私はもっぱら 戴くほうで、毎年 それなりに 親切な方からいただいておる無精者ですが、皆さん結構好きで搗いているみたい。

ある大工さんなんか餅をこねる台(写真上)までそこらへんのものをあさっては作って、焚きものまでも持っていかれます。(しかしこの人は 餅はくれません いろいろな方がおられます 笑い・・・)

それはよしとして、 本来29日は”苦を搗く・・・九日餅(くんちもち)”といいまして、この日だけは 搗くのも、購入するのも避けがちですね。

でも、あるところでは 29(フク)の日に搗くのが 縁起がいいとされいるらしく、どっちが本当なのかは その人の心次第といったところでしょうか?

食べ方も 各地で違いがあるようですね。皆さんは きな粉派? おろし大根派?磯部焼き派?

私?私は 変わり者らしく、ストーブで カリカリに焼けて、中身が空にちかいような餅を そのまま食べるのが大好きです!