お知らせや情報・社長の記事など

2011年 12月 24日(土)

たくさんの必需品

チェンソー、斧、煙突ブラシ、チャップス、薪割り機、メンテナンス用品、掃除機、ガソリンタンクに混合油タンクに各種オイル、とそりゃまぁ なんと薪ストーブ屋をするだけで こんなに必需品がいるんですね。

年末の掃除を仕掛けたから、ちょっと ひとつに揃えようとしたら、このスペースいっぱい になりました。

こんなに安く 薪を売っていていいのかと思うぐらい 資本投資している気がします。(笑い)

まぁ、それは冗談ですけど、本当に薪ストーブを使用するというのは お金がかかりますね。使いまわしで ユーザー同士がもっと交流できれば 毎日使用するものではないので 合理的なのですが、隣近所というわけにはいかないので邪魔臭い、なのでもっともっと 薪ストーブユーザーが増えることが望ましいですね。

私の学区でも、おそらく私のうちだけでしょう。会社の近くには 3軒ばかり煙突は立ってますが、あまり薪が積んでないので ほとんど使用されていないと思います。

街中での 生活ではやはり 音・煙や匂い だけでなく、スペースもいるので 困難なのでしょう。

田舎で 薪を使用しただけ補充する業者を見たことがあります。ユーザーさえ増えればそんなこともしてみたいですね。

こんな夢を実現できるように 今後も普及活動に力をいれていきたい”薪人”でーす。