お知らせや情報・社長の記事など

2011年 2月 26日(土)

ふきのとう

会社の裏に蕗が自生しておりまして、この時期になると”ふきのとう”が顔を見せ始めます。これは蕗にはなりませんが、これのあとに5月くらいから山蕗がでてきます。幼少の頃、家族でドライブする目的として、”ふきのとう摘み”がありました。田舎道を父母と姉と私で見つける競争をしていたのをこの頃になるとよく思い出します。摘んだふきのとうを母が醤油ベースで炊いて、鰹節と絡めて炊きたてご飯にのせて食べていました。独特のクセが逆にクセになって毎年楽しんでいました。”私も自分の子供に昔みたいなことをやってやればよかったなぁ・・”色々今の方がいいことも多いけど、やっぱり自分が通った楽しい思い出を体験させるのは大事ですね。”反省はあっても後悔のない人生”の為にもう一人子供をつくろうか!”・・なぁーんてふきのとうを見ながら馬鹿なことをいいたくなるような暖かい日々が続いております!